TTL
Home > Information top > このページ

INFORMATION 会告

本学会、委員会主催の催し物のご案内・告知などを掲載しております。
ご不明な点は、日本建築仕上学会・事務局までお問い合せ下さい。

会 告 | 学術委員会 環境配慮形塗装普及展開委員会

講習会「建築用アルミニウム合金材料 粉体塗装仕様標準指針・同解説」

協  賛:軽金属製品協会、アルミニウム合金材料工場塗装工業会、
日本パウダーコーティング協同組合、日本工業塗装協同組合連合会(予定)

主  旨:地球環境の保全と人間の健康安全に対する意識が世界的に高まっている一方で、日本の建築分野においては乾式工法や工業化構法が推進されています。日本建築仕上学会では、内外装用材料として多用されるアルミニウム合金材料に工場で実施される塗装における環境配慮の重要性に鑑みて、2006年から研究委員会を設置して、環境に配慮した塗装仕様に対する実験的な評価を推進して、多数の研究成果を報告しています。既に、2013年には研究成果の一部を活用して、「建築用アルミニウム合金材料 溶剤系塗装標準仕様書・同解説」を発行しています。しかし、溶剤系塗料を使用する限り完全な環境配慮にはならないと考えられるため、VOCを排出しない塗料の適用を継続的に検討しています。本検討においては、@有害物質を含む薬剤を素地調整に使用しないこと A塗装には溶剤系塗料を適用しないこと が課題となります。10年間を超える研究から、本課題に対する現時点における一定の評価が得られたため、標準的な塗装仕様を提示することが可能になり、標準指針・同解説として取りまとめた内容を紹介する講習会を以下のように開催します。建築設計、工事監理、施工管理、材料製造など多くの関係者に多数参加いただき、内容を理解して広く活用されることを期待しています。

開催日時: 東京会場 9月28日(金) 13:00 受付開始
                     13:30〜16:30
      大阪会場 10月 5日(金) 13:00 受付開始
                     13:30〜16:30
開催場所: 東京会場 明治大学 リバティタワー 11F 1116教室(収容定員:140名)
      大阪会場 此花会館梅花殿  302/303号室      (収容定員:76名)

参加費:講習会当日に、下記参加費を受付で申し受けます。
日本建築仕上学会編「建築用アルミニウム合金材料 粉体塗装仕様標準指針・同解説」1冊が参加者1名の参加費に含まれます。
(1)日本建築仕上学会会員・協賛団体会員(法人会員は一法人3名まで参加可)
                          ¥3,500/名
(2)非会員(日本建築仕上学会、協賛団体のいずれにも所属されない方)
                          ¥4,500/名
   なお、日本建築仕上学会編「建築用アルミニウム合金材料 粉体塗装仕様標準指針・同解説」は¥3,000/冊で、別途頒布致します。

 プログラム:(予定)

時 刻

内  容

講 師*

   

(東京会場)

(大阪会場)
13:30 開会挨拶 日本建築仕上学会理事
13:35 指針発行の背景と指針の考え方・総則 近藤照夫(ものつくり大学)
14:25 塗装作業一般・関連法規(抜粋) 後藤善光    
(潟}ルシン)
前島靖浩(筒井工業梶j
15:05 休 憩  
15:20 素地と素地調整・材料規格(2) 宇野清文(三協立山梶j 番匠信幸(YKK AP梶j
    古川淳司(日本シービー・ケミカル梶j 森泉孝裕(日本パーカライジング梶j
15:50 粉体塗装仕様・材料規格(1)・特記 北川将司(大日本料梶j 近藤豊三(潟gウペ)
16:20 閉会挨拶 日本建築仕上学会 理事
*.担当講師については、予告なく変更する場合があります。
 →申込書DL
2018.08.21掲載