ttl
Home > 会員情報 top >

会員情報

 本会後援行事・協賛行事のご案内を掲載しております。
 変更・詳細についてのお問い合わせは、主催者連絡先までお願い致します。
 会 告 | 日本建築学会 材料施工委員会 鉄筋コンクリート工事運営委員会
「寒中コンクリート施工指針」改定講習会

主旨 寒中コンクリート施工指針は、1975年の初版の刊行後、ほぼ10年ごとに行われるJASS 5の大改定にあわせて改定を行っています。今回の改定は2022年のJASS 5の大改定に対応させたものです。今回の改定では、従来からの積算温度方式を継承しつつ、JASS 5の改定内容との整合を図るとともに、1)構造体強度補正値28S91の定め方の明確化、2)保温養生計画における各種算定方法の見直し、3)品質管理・検査の合理化、4)資料編の位置付け、構成の見直しを課題として取り上げ、実務においてより使いやすい内容となるように検討を行いました。
 打込み日を含む旬の平均気温が4.0℃以下、かつコンクリート打込み後91日までの積算温度が840°D・D未満の期間は、計画養生温度に基づく積算温度MCnにより構造体強度補正値28S91を決定することを標準としました。また、保温養生計画で使用する各種係数や図表の見直しを行い、新技術となる素材等に対応できるようにしました。さらに、JASS5における品質管理・検査の改定に伴い、適用期間に応じてA法による管理を可能としました。
 資料編は寒中コンクリートに関する考え方やその根拠、過去の経緯を理解するための資料として位置付け、構成を見直しました。具体的には、養生上屋と加熱養生の計画に関する従来の資料編の内容の一部を本文解説に移動させ、海外の寒中コンクリート工事関連規格や寒中コンクリート工事の計画例に新たな事例を盛り込むなど、内容の充実を図りました。

開催地:日程
  東京 2024年2月06日(火) 建築会館ホール(港区芝)
  札幌 2024年2月19日(月) 北海道建設会館大ホール(札幌市中央区)

 

詳細はこちら(pdf)

 

2024 FINEX 1-2

 
 日本建築仕上学会
 〒108-0014 東京都港区芝5−26−20 建築会館6F
 TEL.03-3798-4921 FAX.03-3798-4922
 E-mail : shiage@finex.jp