日本建築仕上学会
home
学会概要
home > 研究分野
   
    日本建築仕上学会 研究分野
   

日本建築仕上学会の研究分野

 

建築の仕上げに関する分野は、人間社会の全ての仕上げと同様に、単にスタイリングやカラーリングのことだけではなく、研究分野の広がりが想像以上に広いことに思い当たる。

この研究分野について、更に会員や関係分野の多くの人々が、活発な検討をされて、新たな提案をして頂くことが、とりもなおさず建築仕上げに関する研究の活動が活発化することであろう。

 

仕上材料の環境対策 色彩・外観の評価
仕上材料の寿命 材料設計情報とその特性を生かした使い方
仕上材料のメインテナンス 材料の品質規格と構法システム
色調・テクスチュアの施工管理と維持 仕上施工技術
国際化への対応 作家と仕上表現

 

 
活動分野 日本建築仕上学会の研究分野に関するペンタゴナルフレーム
A.
仕上材料の環境衛生対策
B.
色彩・外観の評価
C.
寿命とメインテナンス
D.
材料設計と情報
E.
仕上材料の耐久性
F.
材料規格と溝法システム
G.
色調・テクスチュアの施工
H.
仕上施工技術
I.
新しい仕上材料と使い方
J.
新しい施工技術
K.
材料性能評価と溝法設計
L.
仕上材料と表現技術
M.
生産・流通・施工体制
N.
国際化への対応
O.
作家と仕上表現

     
   

2012.4.1.更新

・学会案内目次に戻ります。